コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祖父尼半九郎 そふに はんくろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

祖父尼半九郎 そふに-はんくろう

1778-1855 江戸時代後期の武術家。
安永7年生まれ。大坪本流の馬術,鹿島神伝直心影流の剣術の奥義をきわめる。出羽(でわ)矢島藩(秋田県)藩士であったが,江戸にでて陸奥(むつ)黒石藩(青森県)につかえ,馬術師範となり藩主馬役をつとめた。安政2年死去。78歳。本姓は佐藤。名は清範。字(あざな)は清猗(せいき)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

祖父尼半九郎の関連キーワードレッシング(Gotthold Ephraim Lessing)トルストイ(Lev Nikolaevich Tolstoy)デュールコープ市川春琳スカラ座パリのパンテオンヘルダー市川団十郎最恵国待遇ディドロ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android