コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祖珽 そていZǔ Tǐng

世界大百科事典 第2版の解説

そてい【祖珽 Zǔ Tǐng】

?‐574ころ
中国,北斉の官僚。字は孝徴。范陽郡遒(ゆう)県(河北省易県)の名族。詩文に長じ諸学,音曲に通じた才人で,高歓や文宣帝に重用されたが,軽薄,貪欲のためしばしば法を犯した。武成帝に取り入り,恩倖グループと権勢を争った。入獄して失明したが権力への執念はすさまじく,名将斛律光(こくりつこう)を誅殺に追いこんで国力を弱める結果となった。北徐州刺史に左遷されて没したが,その生涯は皇帝の恩寵によって延命をはかる当時の門閥貴族の典型を示す。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

祖珽の関連キーワードヨハネス3世ベネディクツス1世Jリーグ県内の交付税米海兵隊岩国航空基地孔穎達周期表聖徳太子ハイデラバード聖徳太子