コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神器譜 しんきふ Shén qì pǔ

2件 の用語解説(神器譜の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しんきふ【神器譜 Shén qì pǔ】

中国,明の趙士禎の著書で,5巻。鉄砲の構造や使用法を解説した技術書として有名で,1603年(万暦31)ころ成る。明は16世紀半ばごろ倭寇に脅かされ,とくに日本の鉄砲の威力を知った。著者はこれに対抗する策を考え,新兵器としての鉄砲の重要性を説いたのである。万暦刊本のほか,和刻本と近時出版された《玄覧堂叢書》本があり,後者は最近その影印本が出た。【谷口 規矩雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神器譜
しんきふ

豊臣秀吉(とよとみひでよし)の朝鮮出兵において、日本軍の鉄砲に悩まされた中国軍を援助するため、趙士禎(ちょうしてい)が著した中国の鉄砲解説書。彼は(ろみつ)銃(オスマン・トルコの銃)を第一等に推し、次に西洋銃(ポルトガル銃)をあげており、密銃についてもっとも詳しく説明している。なお本書は、藤井宏(ひろし)の説によれば、1598年から1603年以降にかけて四度にわたって成立し、四度目のものが国立公文書館所蔵の五巻本『神器譜』であり、清水正徳(まさのり)校、1808年(文化5)刊の和刻本はこのほぼ忠実な翻刻本であるとのことである。[矢澤利彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神器譜の関連キーワード王士禎荀子鉄砲洲性霊説竹鉄砲鉄砲方鉄砲衆鉄砲玉焚書鉄砲巻

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone