コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神器譜 しんきふShén qì pǔ

世界大百科事典 第2版の解説

しんきふ【神器譜 Shén qì pǔ】

中国,明の趙士禎の著書で,5巻。鉄砲の構造や使用法を解説した技術書として有名で,1603年(万暦31)ころ成る。明は16世紀半ばごろ倭寇に脅かされ,とくに日本の鉄砲の威力を知った。著者はこれに対抗する策を考え,新兵器としての鉄砲の重要性を説いたのである。万暦刊本のほか,和刻本と近時出版された《玄覧堂叢書》本があり,後者は最近その影印本が出た。【谷口 規矩雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神器譜
しんきふ

豊臣秀吉(とよとみひでよし)の朝鮮出兵において、日本軍の鉄砲に悩まされた中国軍を援助するため、趙士禎(ちょうしてい)が著した中国の鉄砲解説書。彼は(ろみつ)銃(オスマン・トルコの銃)を第一等に推し、次に西洋銃(ポルトガル銃)をあげており、密銃についてもっとも詳しく説明している。なお本書は、藤井宏(ひろし)の説によれば、1598年から1603年以降にかけて四度にわたって成立し、四度目のものが国立公文書館所蔵の五巻本『神器譜』であり、清水正徳(まさのり)校、1808年(文化5)刊の和刻本はこのほぼ忠実な翻刻本であるとのことである。[矢澤利彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例