コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神宮司五兵衛 じんぐうじ ごへえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神宮司五兵衛 じんぐうじ-ごへえ

1671-1695 江戸時代前期の武士。
寛文11年生まれ。日向(ひゅうが)(宮崎県)佐土原(さどはら)藩士。元禄(げんろく)5年藩主島津惟久(ただひさ)の命により江戸の昌平黌(しょうへいこう)にまなぶ。大学頭林鳳岡(ほうこう)の推挙で将軍徳川綱吉の侍講となるが,同窓にねたまれ元禄8年暗殺された。25歳。号は畏斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

神宮司五兵衛の関連キーワードカンプハイスカンファイス伊達騒動ピュジェミルトンブロンデルカッシーニガルダン(噶爾丹)ニュートン(Sir Isaac Newton)ミルトン

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android