コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神宮司五兵衛 じんぐうじ ごへえ

1件 の用語解説(神宮司五兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神宮司五兵衛 じんぐうじ-ごへえ

1671-1695 江戸時代前期の武士。
寛文11年生まれ。日向(ひゅうが)(宮崎県)佐土原(さどはら)藩士。元禄(げんろく)5年藩主島津惟久(ただひさ)の命により江戸の昌平黌(しょうへいこう)にまなぶ。大学頭林鳳岡(ほうこう)の推挙で将軍徳川綱吉の侍講となるが,同窓にねたまれ元禄8年暗殺された。25歳。号は畏斎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

神宮司五兵衛の関連キーワードカンプハイス今村英生起倒流ロック(年譜)安保理決議1695と1718桃林堂蝶麿イアペトゥスオペラ座栗山潜鋒呉偉業

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone