コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神尾光臣 かみお みつおみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神尾光臣 かみお-みつおみ

1855-1927 明治-大正時代の軍人。
安政2年1月11日生まれ。有島武郎の義父。日清(にっしん)戦争で第二軍参謀,日露戦争で歩兵第二十二旅団長をつとめる。第一次大戦では第十八師団長としてドイツの租借地青島(チンタオ)の攻略を指揮した。大正4年陸軍大将。昭和2年2月6日死去。73歳。信濃(しなの)(長野県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

神尾光臣

没年:昭和2.2.6(1927)
生年:安政2.1.11(1855.2.27)
明治大正期の陸軍軍人。諏訪藩(長野県)藩士神尾平三郎の次男。明治9(1876)年陸軍教導団卒。14年から19年まで清国公使館付として天津に勤務。陸軍部内有数の中国通といわれた。日清戦争(1894~95)では大山巌の第2軍参謀として参加。30年ドイツの膠州湾占領を機に,参謀本部は日清間の友好関係回復を図り,張之洞らの高官を説得するために神尾を中国に派遣した。32年,ヨーロッパ出張。日露戦争(1904~05)では乃木希典の第3軍の歩兵第2旅団長として出征し,負傷。41年中将となり,第9および第18師団長。第1次大戦でドイツの租借地膠州湾攻撃軍の最高指揮官として日・英軍を指揮し,青島を陥落させた。大正4(1915)年大将に進み,男爵。娘安子は作家有島武郎の妻。<参考文献>陸軍編『伝記大日本史』

(スチュワート・ローン)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

神尾光臣の関連キーワード島川毅三郎大正時代

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android