神戸高速鉄道(読み)こうべこうそくてつどう

世界大百科事典 第2版の解説

こうべこうそくてつどう【神戸高速鉄道】

神戸市内に7.6km(1997)の路線を有する民営鉄道。それまで孤立していた阪急電鉄阪神電気鉄道山陽電気鉄道および神戸電鉄の各終端駅を地下線で結び合わせることを目的に,神戸市と関係各鉄道などが出資して作った,いわゆる第三セクター方式の株式会社である。1958年に創立され,68年に西代(にしだい)~三宮間および高速神戸~元町間の東西線(標準軌間)と湊川~新開地間の南北線(1067mm軌間)が開通した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神戸高速鉄道の関連情報