阪神電気鉄道(読み)はんしんでんきてつどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「阪神電気鉄道」の解説

阪神電気鉄道
はんしんでんきてつどう

私鉄会社。1899年摂津電気鉄道設立,同年現社名に変更。1905年本線開業,1911年北大阪電気軌道を合併。1924年甲子園大運動場(→阪神甲子園球場)開設,1929年バス事業開始。1957年百貨店部門の営業を阪神百貨店譲渡。1968年神戸高速鉄道への乗り入れ,山陽電気鉄道との相互乗り入れ運転開始。兼営事業としては 1908年以来電気供給事業,土地・住宅,球場,百貨店などを早くから手がけ,戦後の高度成長期にはこれらの鉄道や兼営事業の充実に努めた。2006年阪急ホールディングス(→阪急電鉄)と経営統合し,阪急阪神ホールディングス傘下に入った。路線は本線(元町梅田),阪神なんば線武庫川線,神戸高速線(第2種鉄道)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「阪神電気鉄道」の解説

はんしん‐でんきてつどう〔‐デンキテツダウ〕【阪神電気鉄道】

大阪府・兵庫県に路線をもつ電鉄会社。また、その鉄道。大阪の梅田から神戸の元町に至る本線を中心として営業。明治32年(1899)創立

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「阪神電気鉄道」の解説

はんしん‐でんきてつどう ‥デンキテツダウ【阪神電気鉄道】

阪神地方に鉄道・バス路線を営業する鉄道会社の名称。神戸(元町)と大阪(梅田)を結ぶ本線のほか、西大阪線、武庫川線などの支線がある。阪神電車阪神

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「阪神電気鉄道」の解説

はんしんでんきてつどう【阪神電気鉄道】

大阪,兵庫両府県に45.1km(1997)の営業路線を有する標準軌間民営鉄道。1899年の創立で,大阪と神戸を結んで,日本最初の都市間電車として建設された。梅田(大阪)~元町(神戸)間の本線のほか,西大阪線,武庫川(むこがわ)線の両支線がある。神戸高速鉄道に属する元町~西代間も第二種鉄道事業として営業している。開通当時は路面を走る区間もあったが,現在では高架化が進んでいる。梅田,元町の両終点は地下駅となっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android