コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阪神電気鉄道 はんしんでんきてつどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阪神電気鉄道
はんしんでんきてつどう

私鉄会社。 1899年摂津電気鉄道設立,同年現社名に変更。 1905年本線が開業,11年北大阪電気軌道を合併。 24年甲子園球場開設,29年バス事業開始。 57年百貨店部門の営業阪神百貨店へ譲渡。 43年神戸高速鉄道への乗入れ,山陽電気鉄道との相互乗入れ運転開始。兼営事業としては 08年以来電気供給事業,遊園地,土地・住宅,球場,百貨店などを早くから手がけ,第2次世界大戦後と高度成長期にはこれらの鉄道や兼営事業の充実に努めた。また阪神百貨店,阪神不動産,阪神土木工業などの関連会社をもつ。路線は本線 (元町梅田 32.1km) ,西大阪線 6.3km,武庫川線 1.7kmで,神戸高速線 (第2種鉄道) 5kmで,全営業キロ数 45.1km,バス全営業キロ数 1949.5km。事業内容は,鉄道 35%,自動車7%,兼業 58%。年間営業収入 2898億 2000万円 (連結) ,資本金 293億 8400万円,従業員数 2433名 (1999) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はんしん‐でんきてつどう〔‐デンキテツダウ〕【阪神電気鉄道】

大阪府・兵庫県に路線をもつ電鉄会社。また、その鉄道。大阪の梅田から神戸の元町に至る本線を中心として営業。明治32年(1899)創立

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はんしんでんきてつどう【阪神電気鉄道】

大阪,兵庫両府県に45.1km(1997)の営業路線を有する標準軌間民営鉄道。1899年の創立で,大阪と神戸を結んで,日本最初の都市間電車として建設された。梅田(大阪)~元町(神戸)間の本線のほか,西大阪線,武庫川(むこがわ)線の両支線がある。神戸高速鉄道に属する元町~西代間も第二種鉄道事業として営業している。開通当時は路面を走る区間もあったが,現在では高架化が進んでいる。梅田,元町の両終点は地下駅となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

阪神電気鉄道の関連キーワードエイチ・ツー・オーリテイリング(H2O)阪急阪神ホールディングス(HD)阪急阪神ホールディングス(株)阪急阪神ホールディングス阪急阪神東宝グループ近畿日本鉄道(株)阪神電気鉄道(株)株式公開買付制度阪神甲子園球場阪急電鉄(株)阪神なんば線神戸(市)野田 誠三大阪[駅]久万俊二郎外山 脩造鹿島 秀麿大阪神ビル外山脩造野田誠三

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

阪神電気鉄道の関連情報