コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神智協会 しんちきょうかいTheosophical Society

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神智協会
しんちきょうかい
Theosophical Society

インドを中心に活動する宗教改革団体。1875年エレナ・ペトロブナ・ブラワツキーとヘンリー・スティール・オールコット大佐によりアメリカ合衆国のニューヨークで設立され,インドのマドラス郊外,アディアールに本部を置いた。神智学教理に基づき諸宗教の融合,統一を目指し,人間を解脱させて神への道を求めた。ヒンドゥー教をはじめ仏教,ジャイナ教キリスト教イスラム伝統を取り入れ,1889年アニー・ベザントの入会により発展した。ベザントは古代インドの文化と伝統を再認識させ,古典教育にも力を尽くし,ワーラーナシにワーラーナシ・ヒンドゥー大学の前身となる学校を設立した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神智協会
しんちきょうかい
Theosophical Society

近代の神秘主義的宗教結社。1875年、ブラバッスキイ夫人とH・S・オルコット大佐によってアメリカのニューヨークに創設された。79年に2人は渡印、86年には協会の本部をインドのチェンナイ(マドラス)郊外に移し、以後インドを拠点に伝道活動が行われた。89年にはイギリスの女性社会改革家のA・ベザントが協会に加入、彼女の人格的感化により協会は隆盛に赴いた。この協会の主張する神智学theosophyとは、ギリシア語の神theosと知恵sophiaからなり、神秘的体験によって神の本質を把握できるとする。この神智学によって世界の諸宗教を統合するのが、協会の目的であった。[増原良彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

神智協会の関連キーワードクリシュナムルティイェーツ人智学

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android