コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神智協会 しんちきょうかい Theosophical Society

2件 の用語解説(神智協会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神智協会
しんちきょうかい
Theosophical Society

インドを中心に活動する宗教改革団体。1875年エレナ・ペトロブナ・ブラワツキーとヘンリー・スティール・オールコット大佐によりアメリカ合衆国ニューヨークで設立され,インドマドラス郊外,アディアールに本部を置いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神智協会
しんちきょうかい
Theosophical Society

近代の神秘主義宗教結社。1875年、ブラバッスキイ夫人とH・S・オルコット大佐によってアメリカのニューヨークに創設された。79年に2人は渡印、86年には協会の本部をインドのチェンナイ(マドラス)郊外に移し、以後インドを拠点に伝道活動が行われた。89年にはイギリスの女性社会改革家のA・ベザントが協会に加入、彼女の人格的感化により協会は隆盛に赴いた。この協会の主張する神智学theosophyとは、ギリシア語の神theosと知恵sophiaからなり、神秘的体験によって神の本質を把握できるとする。この神智学によって世界の諸宗教を統合するのが、協会の目的であった。[増原良彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神智協会の関連キーワード対抗宗教改革反宗教改革ピューリタンブラフマサマージアジジャインアーリヤ・サマージカトリック改革プラールタナー・サマージ宗教改革(エジプト)スコットランド宗教改革

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone