コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神津幸太郎 こうづ こうたろう

1件 の用語解説(神津幸太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神津幸太郎 こうづ-こうたろう

1820-1847 江戸時代後期の農民。
文政3年生まれ。下野(しもつけ)(栃木県)の高村銀右衛門らから朝鮮人参の種子をもらい,郷里の信濃(しなの)(長野県)佐久郡志賀村にもちかえるが栽培に失敗。のち試行錯誤のすえ弘化(こうか)4年栽培に成功した。同年死去。28歳。のち志賀村は薬用人参の主産地として知られるようになった。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

神津幸太郎の関連キーワード岩田広成菊地多兵衛黄瀬平治紀竹堂木村善四郎高梨忠学武田文五郎田島治兵衛平林信尹藤田民次郎

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone