コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神津幸太郎 こうづ こうたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神津幸太郎 こうづ-こうたろう

1820-1847 江戸時代後期の農民。
文政3年生まれ。下野(しもつけ)(栃木県)の高村銀右衛門らから朝鮮人参の種子をもらい,郷里の信濃(しなの)(長野県)佐久郡志賀村にもちかえるが栽培に失敗。のち試行錯誤のすえ弘化(こうか)4年栽培に成功した。同年死去。28歳。のち志賀村は薬用人参の主産地として知られるようになった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

神津幸太郎の関連キーワードアンペールベリンスキーリベリア阮福映ジョージアンペールラマルティーヌイコトイマッカーティー吉雄常三

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android