神祭(読み)しんさい

精選版 日本国語大辞典「神祭」の解説

しん‐さい【神祭】

〘名〙 をまつる儀式。特に、神道の法式によって行なう祭事
※醍醐寺新要録(1620)「慶延記云〈略〉此日有上下神祭。兼日進支度
経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉前「禾穀豊熟の為めにセレスの神祭を執り行ふ」

かみ‐まつり【神祭】

〘名〙 神をまつること。祭事。祭。《季・夏》
※書陵部本夫木(1310頃)三一「春風にこずゑ咲きゆく紀の国やありまの村にかみまつりせよ〈よみ人しらず〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「神祭」の解説

しん‐さい【神祭】

神を祭る儀式。特に、神道の方式で行う祭り

かみ‐まつり【神祭(り)】

神を祭ること。祭り。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android