コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神経皮膚炎 しんけいひふえん neurodermatitis

2件 の用語解説(神経皮膚炎の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しんけいひふえん【神経皮膚炎 neurodermatitis】

皮膚病の一つ。アレルギー性接触皮膚炎が同一個所で反復して起こると,そこの表皮は肥厚し,真皮には浮腫や細胞浸潤が起こって,外見上皮膚は厚くなり,皮溝と皮丘がはっきりと強調されてみえる紅斑性局面をつくる。かゆみが強く,末梢神経が侵されているようにみえたためか,このような皮膚病をかつては神経皮膚炎といった。神経皮膚炎をつくりやすい接触アレルゲンは,クロムニッケルコバルトなどの金属,職業的に触れる植物成分(ウルシオール,アラントラクトン),美容師,理容師の触れるヘアダイ(毛染料)や香料などで,原因アレルゲンのパッチテストを行うと,いったんよくなっていた原皮疹が一時的に悪化をみることがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神経皮膚炎
しんけいひふえん

皮膚に弱い刺激が繰り返すことによってかゆみを生じ、これをかきむしっているうちに特異な皮疹(ひしん)を生ずるものをいい、限局性のものと汎発(はんぱつ)性のものとがある。最近は、神経皮膚炎といえば前者のみをさし、慢性限局性神経皮膚炎あるいはビダール苔癬(たいせん)、慢性単純性苔癬と称する。汎発性のものは、アトピー性皮膚炎のとくに成人型と同一視されている。[伊崎正勝・伊崎誠一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神経皮膚炎の関連キーワード湿疹皮膚炎パッチテストアレルギー性疾患アレルギーマーチアレルギー疾患じん麻疹紅皮症のおもな原因夏癬 (summer eczema)皮膚炎 (dermatitis)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone