神経皮膚炎(読み)しんけいひふえん(英語表記)neurodermatitis

世界大百科事典 第2版の解説

しんけいひふえん【神経皮膚炎 neurodermatitis】

皮膚病の一つ。アレルギー性接触皮膚炎が同一個所で反復して起こると,そこの表皮は肥厚し,真皮には浮腫や細胞浸潤が起こって,外見上皮膚は厚くなり,皮溝と皮丘がはっきりと強調されてみえる紅斑性局面をつくる。かゆみが強く,末梢神経が侵されているようにみえたためか,このような皮膚病をかつては神経皮膚炎といった。神経皮膚炎をつくりやすい接触アレルゲンは,クロム,ニッケル,コバルトなどの金属,職業的に触れる植物成分(ウルシオール,アラントラクトン),美容師,理容師の触れるヘアダイ(毛染料)や香料などで,原因アレルゲンのパッチテストを行うと,いったんよくなっていた原皮疹が一時的に悪化をみることがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神経皮膚炎
しんけいひふえん

皮膚に弱い刺激が繰り返すことによってかゆみを生じ、これをかきむしっているうちに特異な皮疹(ひしん)を生ずるものをいい、限局性のものと汎発(はんぱつ)性のものとがある。最近は、神経皮膚炎といえば前者のみをさし、慢性限局性神経皮膚炎あるいはビダール苔癬(たいせん)、慢性単純性苔癬と称する。汎発性のものは、アトピー性皮膚炎のとくに成人型と同一視されている。[伊崎正勝・伊崎誠一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android