神経系疾患(読み)しんけいけいしっかん(英語表記)diseases of nervous system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「神経系疾患」の解説

神経系疾患
しんけいけいしっかん
diseases of nervous system

脳,脊髄などの中枢神経系と,そこにつながる末梢神経系を侵す器質的疾患のこと。神経系に特有の疾患 (原発性) と,全身性疾患がもとで神経系も侵されるもの (続発性) とがある。病理学的には (1) 脳梁欠損などの形成障害,(2) 脳挫傷などの外傷,(3) 脳梗塞などの血管障害,(4) 髄膜炎などの感染症,(5) ベーチェット病などその他の炎症性疾患,(6) 多発性硬化症などの脱髄疾患,(7) 糖尿病などの代謝障害・欠乏症および中毒性疾患,(8) アルツハイマー病などの変性疾患,(9) グリオーマなどの腫瘍,(10) 機能性疾患に分類できる。なお,器質的疾患のない頭痛,神経痛,てんかん,めまいなどが (10) のなかに分類されているが,原因が確定すれば別の疾患として分類されるものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android