コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神経胚 シンケイハイ

3件 の用語解説(神経胚の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しんけい‐はい【神経×胚】

脊索動物の発生過程で、神経板が現れてから神経管を形成するまでの胚。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神経胚
しんけいはい

原索動物および脊椎(せきつい)動物で、神経板が形成されてから神経管が完成する時期までの胚をいう。イモリやカエルの胚では神経管形成の過程が外部から肉眼視できるので、この過程を胚の発生段階を示す指標として用いることが多い。また神経管形成が終わった段階で、体の基本構造ができあがったものとみなし、両生類の胚を用いた諸実験においては、神経胚への到達の可否、あるいは神経胚での形態異常などを基に結果が判定されるのが普通である。[竹内重夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神経胚の関連情報