コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神経胚 シンケイハイ

大辞林 第三版の解説

しんけいはい【神経胚】

脊索動物の発生において、囊胚のうはいに次いで形成される胚。神経板が現れ、神経管が形成される。また、主要器官の原基が現れ始める。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神経胚
しんけいはい

原索動物および脊椎(せきつい)動物で、神経板が形成されてから神経管が完成する時期までの胚をいう。イモリやカエルの胚では神経管形成の過程が外部から肉眼視できるので、この過程を胚の発生段階を示す指標として用いることが多い。また神経管形成が終わった段階で、体の基本構造ができあがったものとみなし、両生類の胚を用いた諸実験においては、神経胚への到達の可否、あるいは神経胚での形態異常などを基に結果が判定されるのが普通である。[竹内重夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

神経胚の関連キーワード脊索動物尾芽胚側板筋節原基

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android