コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神経管 しんけいかんneural tube

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神経管
しんけいかん
neural tube

髄管ともいう。脊椎動物原索動物個体発生の初期に,外胚葉の一部が増殖して神経板となり,その正中の神経溝が閉じてつくる管状体で,外胚葉から分離して内部に入る。神経管の中心には初め1本の単純な神経腔があるが,前方部はさらに発達して複雑な形の脳となり,脳部からは左右に1対の球状の突出が生じ,眼胞となる。後方部は脊髄となり,神経腔は単純な中心管として残る。脳および脊髄の細胞より末梢神経の多くのものができる。しばしば,神経管の前端または後端が相当期間開いていることがあるが,これを神経孔と呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しんけい‐かん〔‐クワン〕【神経管】

脊椎動物および原索動物の発生初期に、脊索の背側に神経板から形成される管状体。のちに中枢神経系および目・耳などが形成される。髄管。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんけいかん【神経管】

脊椎動物および原索動物の発生初期に脊索の背側に形成される管状体。脊椎動物では前方は脳に、後方は脊髄に分化し、中枢神経系および眼などの感覚器を形成する。髄管。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神経管
しんけいかん

原索動物および脊椎(せきつい)動物の胚(はい)の外胚葉から生ずる管状構造で、将来、脳および脊髄に分化する。原口あるいはヘンゼン結節を経て陥入した頭部中胚葉と脊索の誘導により、外胚葉に神経板とよばれる肥厚部分がつくられ、脊索の伸長による力学的な作用のもとに神経板の両端が巻き上がり、管構造ができあがる。この管の太い前端部は脳となり、後方の細い部分は脊髄となる。このとき神経管となりきれなかった神経板両端付近の細胞は神経冠細胞として全身に移動し、神経節や色素細胞などになる。神経管最前端が閉じるのは、ほかの部分より遅れることが多く、ナメクジウオでは終生閉じることがない。神経管後端が原口あるいはヘンゼン小孔を包み込む場合、神経管後端が原腸と連絡することがある。[竹内重夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の神経管の言及

【形成体】より

…原口の上唇部は陥入すると脊索や中胚葉を形成するほか,隣接する外胚葉を神経板neural plateに誘導する。神経板は神経管neural tubeを経て脳,感覚器官,脊髄などを形成する。一方,原口上唇部を除去すると胚は正常に発生しないし,また,それを移植された他の初期囊胚には第2次の神経管が付加的に形成される。…

【形態形成】より

…したがって,胚葉の各部域から形成されるさまざまな組織や器官の形態形成は,二次元的な胚葉部分が管や囊胞などの三次元構造へ変化する過程と見ることができる。たとえば,神経板neural plateの両側端が背方にせり上がり正中で癒合することで神経管neural tubeは形成される。次に神経管壁が随所でくびれたり外方に突出することで,脳胞や感覚器官の原基が形成される。…

【脳】より

…管状脳は系統発生的には原索動物の幼生において初めて出現するといわれる。個体発生においては中枢神経系は神経管neural tubeに始まる。ヒトで神経管が完成するのは胎生4週の終りである。…

※「神経管」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

神経管の関連キーワード母体血清マーカー検査シュペーマン誘導(生物)管状神経系ファロピオ集中神経系神経上皮腫神経芽細胞フォラシン舌下神経顔面神経鼓索神経内臓葉感覚器脳屈曲無脳症頭索類脳脊髄神経胚形成体

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神経管の関連情報