コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神野信一 かみの しんいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神野信一 かみの-しんいち

1889-1933 大正-昭和時代前期の労働運動家。
明治22年1月3日生まれ。石川島造船所につとめ,大正9年スイスへ派遣される。この海外での見聞を契機に国家主義に転じ,乃木希典(のぎ-まれすけ)を崇敬する自彊(じきょう)労働組合を結成。安岡正篤(まさひろ)に師事し,労使一体・産業報国の日本主義労働運動を推進した。昭和8年9月19日死去。45歳。愛媛県出身。湊川(みなとがわ)実業補習学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の神野信一の言及

【日本主義労働運動】より

…当時の石川島は左翼の評議会(日本労働組合評議会)の拠点であった。これに対抗して結成された自彊組合は会社組合であるが,組合長の神野信一(同造船所職長)は安岡正篤の金鶏学院の一員で,〈産業立国〉〈労資融合〉をスローガンとする日本主義労働運動を提唱した。29年,自彊組合は横浜船渠,浦賀船渠の企業別組合の連合体,武相労働連盟に参加し,その主導権を握り,30年にはこれを日本造船労働連盟と改称,これを足場に労働界における勢力拡大を図った。…

※「神野信一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

神野信一の関連キーワード斎藤寅次郎五所平之助清水宏成瀬巳喜男稲垣浩小津安二郎大恐慌ルロイ森鴎外[各個指定]工芸技術部門

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android