コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国家主義 こっかしゅぎétatisme

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国家主義
こっかしゅぎ
étatisme

一般に国家に至上の価値を認め,国家の秩序や命令,その軍事的栄光を他のすべての価値に優先させる政治的主張をさす。エタティスムともいう。国家を国民の権利を保障するための人為的制度であるとする近代市民社会成立以降の社会契約論に対する反動として生じた国家神格化の保守的イデオロギーで,特に近代化に乗りおくれたドイツや戦前の日本で隆盛をきわめた。だがこの概念は,官僚秩序が強いフランスにおいてはやや意味が異なり,高度に中央集権化された政府が経済統制や計画経済を主導していくことをさし,内容的には国家社会主義に近い意味で理解されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こっか‐しゅぎ〔コクカ‐〕【国家主義】

国家を最高の価値あるもの、人間社会の最高の組織と見なし、個人よりも国家に絶対の優位を認める考え方。→ナショナリズム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

国家主義【こっかしゅぎ】

国家に最高の価値をおく考え方。個々人は国家に従属すべきものと考え,国家の中に普遍的倫理が具体化されていると考える。そのため,国家権力の行使は無制限となり,内に対しては権力独裁体制の危険,外に対しては国家膨張主義の危険を招くことになる。
→関連項目アメリカ教育使節団井上哲次郎井上日召右翼大西祝北一輝金鶏学院玄洋社行地社国民之友神武会大日本言論報国会対露同志会橘孝三郎超国家主義ファシズム北進論猶存社

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こっかしゅぎ【国家主義 statism】

国家主義は何よりもまず国家を人間の社会結合の中で最高のものと考える立場を指す。したがってそれは単に国家の存在を肯定するにとどまらず,他の主張に対して国家の最高性を攻撃的に擁護する立場であり,かつては教会権力に対して世俗国家の自主性の擁護として,あるいは倫理や宗教に対する国家の優越性を求める国家理性論としても現れた。また近代では個人主義や自由主義,マルクス主義,無政府主義といった思想潮流と激しく対立した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こっかしゅぎ【国家主義】

国家をすべてに優先する至高の存在あるいは目標と考え、個人の権利・自由をこれに従属させる思想。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国家主義
こっかしゅぎ
statism英語
tatismeフランス語

国家は個人や国家内のあらゆる社会集団よりも絶対的に優位する、と主張する政治思想。19世紀以降のドイツ(プロシア)、戦前の日本、20世紀のファシズム国家などに典型的にみられた思想。
 国家を至高のものと位置づける思想は、16世紀から18世紀にかけての絶対主義国家の時代にまず登場した。すなわち、この時期、各国君主は、一方では、ローマ法王の支配を排除して主権国家・民族国家の独立を目ざし、また一方では、身分制議会、教会、ギルドなどの社会集団よりも国家が優位すると主張して国家統合を企図した。このため、大陸の君主国家では、君主はローマ法王を通じてではなく、神から直接にその権力を授与され、したがって、臣民が君主に反抗することは、神に反抗するに等しいという王権神授説(神権説)が支配的な政治思想となった。また、国家の生存・強化という目的のためには、権力は法・道徳・宗教に優位しなければならない、という国家理性(レーゾン・デタ)の考え方も、君権の絶対性の根拠として用いられた。しかしイギリスでは、市民革命によって、君主にかわり議会が最高機関の地位を確立したために、王権神授説に基づく絶対君主論は消失した。このような権力の交替は、国家や政府の権力は政治社会=国家を構成する人々の同意や契約に基づくものである(ホッブズ、ロック)、政治社会においては立法部=議会が最高機関である(ロック)、悪い政府や議会は変更してもよい(ロック)という新しい政治理論(社会契約説)を生み出した。そして、社会契約説は、続くアメリカ独立宣言、フランス人権宣言にも受け継がれ、ここに、個人の自由や人権尊重を基調とする民主政治や民主的諸制度が確立された。これらの国々においては、これ以後、国家が個人に絶対的に優位するという国家主義は支配思想となることはなく、市民的自由に基づく民主政治が発展するのである。
 ところで、イギリス、アメリカ、フランスなどの先進諸国に後れて近代国家となった日本やドイツのような国々においては、先進諸国に追い付き、それらを追い越すために富国強兵策がとられ、それを弁証する国家の優位性を説く思想が登場する。こうした政治・思想状況の下では当然に、個人の自由や人権は著しく制限され、また労働組合、農民組合、社会主義諸政党、その他の反政府団体などの社会・政治運動は厳しく弾圧された。したがって、日本では、天皇を国の家長に見立て、家長の権力は絶対であるという家族国家観や天皇を現人神(あらひとがみ)として神聖不可侵の存在とする政治思想が説かれた。そして、このような思想は、忠孝と国家への忠誠を第一義的に重要視する国家主義思想として機能し、さらに満州事変以後、いわゆる十五年戦争時代に入ると、国家主義は極端な軍国主義と結び付き、天皇がアジアはもとより全世界を統治するのをよしとする「八紘一(為)宇(はっこういちう)」というような超国家主義となり、それは、他民族や他国家の侵略を正当化する思想となった。また、ドイツでは、イギリスやフランスのような近代国家の形成を目ざし、ヘーゲルが国家の個人に対する優位性を説き、それは、国民主権論や人民主権論を抑えるための国家有機体説、国家主権論、国家法人説などの思想的根拠となった。そしてこの考え方は、ナチスの時代には国家の絶対的優位を説く全体主義思想にまで高められ、ゲルマン民族の優越性を強調する極端な民族主義と結び付き、世界支配を目ざす二度にわたる世界大戦の思想的要因となったのである。
 このように国家主義は、自由主義、個人主義とはまったく相いれないものであり、また国家は階級支配の道具であるから、社会主義社会の完成形態である共産主義社会が出現すれば国家は死滅すると説く、共産主義とはまっこうから対立するものであった。さらに、1920、30年代にラスキ、コール、マッキーバーなどを中心に多元的国家論が登場し、国家は社会の一つであり、国家が国家であるという理由で、個人や社会集団に無条件的な服従を要求することはできず、国民の国家に対する忠誠度は、国家が国民に何をしてくれたかによって判断されるべきであると説いたのは、極端な国家主義としての全体主義の台頭を抑制しようという実践的課題にこたえたものであったといえよう。
 国家主義は、ファシズム諸国家の敗北によっていちおうはこの地上から消滅した。しかし、現代世界においても、経済的自立化に成功できず、そのために政治的に不安定な多くの発展途上国では、いまだに軍事政権や独裁政権などによる国家主導型の政治運営がなされているが、これらの国々では形を変えた国家主義が存続しているといえなくもない。また、先進諸国においても、核兵器の開発や軍拡競争の激化などにより、国家主義的風潮がまったく払拭(ふっしょく)されたとはいえない状況にある。[田中 浩]
『丸山真男著『現代政治の思想と行動』(1956・未来社) ▽田中浩著『国家と個人』(1990・岩波書店) ▽田中浩著『カール・シュミット』(1992・未来社) ▽田中浩著『近代日本と自由主義』(1993・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の国家主義の言及

【ナショナリズム】より

…かつては,民族主義,国民主義,国家主義などと訳し分けられることが多かったが,最近では一般にナショナリズムと表記される。このことは,ナショナリズムという言葉の多義性を反映し,そしてその多義性は,それぞれのネーションnationや,そのナショナリズムの担い手がおかれている歴史的位置の多様性を反映している。…

※「国家主義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国家主義の関連キーワードウルトラナショナリズムナショナリスティックE. コラディーニナショナリスト岩田 富美夫本間 憲一郎満川 亀太郎コラディーニ安田 銕之助ネオナチズム影山 庄平宗教団体法葛生 能久三井 甲之三浦 義一頭山 秀三笠木 良明蓑田 胸喜綾川 武治天野 辰夫

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国家主義の関連情報