神鬼(読み)しんき

精選版 日本国語大辞典「神鬼」の解説

しん‐き【神鬼】

〘名〙 と鬼。天地の神や死者の霊魂。また、人間を超えた威力をもつもの。
※菅家後集(903頃)哭奥州藤使君「君瞰我凶慝、撃我如神鬼
※俳諧・本朝文選(1706)六・箴類・聴箴〈許六〉「夫楽は天地を動かし、神鬼をなかしむるもの也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android