コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

禁制遷移 きんせいせんいforbidden transition

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

禁制遷移
きんせいせんい
forbidden transition

遷移のうち,起りやすいものを許容遷移,起りにくいものを禁制遷移という。厳密には多重極展開を用いて定義され,最低次の近似で得られる遷移モーメントがゼロの遷移を禁制遷移,ゼロでない遷移を許容遷移という。原子物理学では,放射・吸収される光の波長が十分長いため,多重極展開はきわめてよい近似法になり,最低次の電気双極子モーメントによって起る遷移を除いて,すべて禁制遷移となる。ただし,電気双極子遷移のなかでも,スピン波動関数の直交性のため,遷移確率が許容遷移に比べて著しく小さくなる場合があり,これをスピン禁制遷移という。原子核物理学でも,スピン変化が2つ以上の遷移,あるいはパリティの変化する遷移を禁制遷移という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

禁制遷移の関連キーワードサージェントの法則リン光帯原点

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android