コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福光佐長 ふくみつ すけなが

1件 の用語解説(福光佐長の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福光佐長 ふくみつ-すけなが

?-1333 鎌倉時代の武将。
美作(みまさか)(岡山県)の人。後醍醐(ごだいご)天皇が隠岐(おき)を脱出して伯耆(ほうき)船上山にたてこもったとき,一族とともに勤王の兵をあげた。摂津摩耶(まや)城の戦いで赤松則村(のりむら)に加勢。さらに京都にすすみ,北条方の武田氏顕(うじあき)軍とたたかい,正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年4月3日討ち死に。本姓は有元。通称は彦太郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

福光佐長の関連キーワード建武新政赤橋英時赤橋守時安達時顕有元佐弘大仏貞直金沢貞将菊池武時北条茂時北条高家

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone