コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福原乙之進 ふくはら おとのしん

1件 の用語解説(福原乙之進の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福原乙之進 ふくはら-おとのしん

1837-1864* 幕末の武士。
天保(てんぽう)8年9月26日生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。文久2年久坂玄瑞(くさか-げんずい)らと脱藩。江戸で尊攘(そんじょう)・討幕運動に奔走。脇坂又三らと論談中,下総(しもうさ)古河(こが)藩の兵にかこまれ,文久3年11月25日自刃(じじん)。27歳。名は信冬。変名に長原美禰介(美濃介)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

福原乙之進の関連キーワード元治入江九一扇格左衛門マン茨田郡士山田屋大助大塩平八郎サヌーシー派舎密開宗生田万の乱

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone