コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福塩線

3件 の用語解説(福塩線の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

福塩線

JR西日本が運行する鉄道路線。広島県福山市の福山駅から広島県三次市の塩町駅を結ぶ。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

福塩線【ふくえんせん】

広島県福山〜塩町間のJR線。営業キロ78.0km。1914年福山〜府中間に開業した両備軽便鉄道に始まり,1933年国有化。府中〜塩町間は1938年全通。福山〜府中間は電車化されており,府中〜塩町間の列車は三次(みよし)まで直通。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

福塩線
ふくえんせん

西日本旅客鉄道の線路名称。広島県、福山(ふくやま)―塩町(しおまち)間78.0キロメートル、全線単線。福山―府中(ふちゅう)間23.6キロメートルが直流電化。山陽―山陰間の連絡鉄道の一部で、福山平野より芦田(あしだ)川をさかのぼり、上下(じょうげ)付近で分水嶺(ぶんすいれい)を越えて、日本海側斜面の上下川(江の川(ごうのかわ)の支流)流域に入って、芸備線との接続駅塩町に達する。福山―府中間は1914年(大正3)両備軽便鉄道(1926年両備鉄道)として開業し(762ミリメートル軌間)、1927年(昭和2)電化、1933年9月国有化されて福塩線となり、同年11月1067ミリメートル軌間に改軌された(同時に福塩南線となる)。府中および塩町より福塩南線、北線として建設し、1933~1938年開業、1938年の全通とともに両線をあわせて福塩線とした。1987年、日本国有鉄道の分割民営化に伴い、西日本旅客鉄道に所属。列車は府中以南を電車、以北をディーゼル動車によって運転し、直通列車はない。また列車は塩町より芸備線に乗り入れて三次(みよし)まで直通する。[青木栄一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

福塩線の関連キーワード営業キロ広島県福山市旭町広島県福山市宝町広島県福山市寺町広島県福山市西町広島県福山市東町広島県福山市本町広島県福山市丸之内広島県福山市元町広島県福山市横尾

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

福塩線の関連情報