コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福島人絹株式会社 ふくしまじんけんかぶしきがいしゃ

1件 の用語解説(福島人絹株式会社の意味・用語解説を検索)

防府市歴史用語集の解説

福島人絹株式会社

 1934年(昭和9年)から人造絹糸[けんし](人絹)の生産が始まりました。企業として発展が期待されるようになった1941年(昭和16年)、太平洋戦争[たいへいようせんそう]が始まりました。1942年(昭和17年)、企業整理令を出し、福島人絹株式会社は大阪の東洋紡績[とうようぼうせき]株式会社と合併することになり、東洋紡績防府工場として発足しましたが、防府工場を軍需工場に転換するため、人絹製造を中止しました。その後、政府の強い指導により、航空機燃料を生産するため、1943年(昭和18年)東亜化学興業[とう

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

福島人絹株式会社の関連キーワード絹糸人絹人造絹糸擬絹糸リリヤン厚木勝基岡半右衛門久村清太秦逸三

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone