福島敬典(読み)ふくしま よしのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福島敬典 ふくしま-よしのり

1839-1896 幕末-明治時代の武士,軍人。
天保(てんぽう)10年7月22日生まれ。越前(えちぜん)(福井県)敦賀(つるが)藩士戊辰(ぼしん)戦争では新政府軍の摂津艦にのりくみ越後(えちご),箱館(はこだて)を転戦する。維新後海軍大尉となり,筑波(つくば)艦長などをつとめ,明治20年海軍少将。22年横須賀軍港司令官。明治29年12月3日死去。58歳。通称は弥太六。名は「たかのり」ともよむ。

福島敬典 ふくしま-たかのり

ふくしま-よしのり

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android