コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福島邦成 ふくしま くになり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福島邦成 ふくしま-くになり

1819-1898 幕末-明治時代の医師。
文政2年1月生まれ。伊東玄朴,坪井信道らにまなぶ。嘉永(かえい)3年若山健海とともに郷里の日向(ひゅうが)(宮崎県)ではじめて牛痘(ぎゅうとう)接種をおこなう。明治4年宮崎病院,16年橘病院を設立。私財を投じて大淀(おおよど)川に橘橋をかけた。明治31年1月20日死去。80歳。号は葵園,橘南など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

福島邦成の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android