コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福恵道貫 ふくえ どうかん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福恵道貫 ふくえ-どうかん

1853-1907 明治時代の僧。
嘉永(かえい)6年生まれ。天台宗比叡山(ひえいざん)双巌寺の藤本道永について得度。滋賀県池寺の住職となり,明治10年双巌寺をつぐ。長野善光寺の大勧進副住職をへて,38年住職,権(ごんの)大僧正となった。明治40年6月12日死去。55歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

福恵道貫の関連キーワード徳川家慶複成片麻岩内褶曲新派劇コック=ブロンホフ聖地管理問題専修大学福山藩北欧美術明治維新香川勝広

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone