福沢捨次郎(読み)ふくざわ すてじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福沢捨次郎 ふくざわ-すてじろう

1865-1926 明治-大正時代の新聞人。
慶応元年9月21日生まれ。福沢諭吉の次男。ボストン大工学部に留学明治21年帰国,山陽鉄道技師となる。34年父の没後「時事新報」社長をつぐ。38年「大阪時事新報」を創刊。社会記事を重視し,漫画を採用して紙面改良につとめた。大正15年11月3日死去。62歳。江戸出身。慶応義塾卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android