コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福王子法林 ふくおうじほうりん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

福王子法林
ふくおうじほうりん

[生]1920.11.10. 山形,米沢
[没]2012.2.21. 東京
日本画家。本名福王子雄一。荘重なヒマラヤ山脈の連作で知られる。6歳のときに事故で左目を失明するが,狩野派の老画家上村廣成に小学校 2年から日本画の手ほどきを受け,1936年に画家を志し上京。1941年に応召,中国大陸を転戦した。1949年『山村風景』が日本美術院展覧会初入選。1951年から田中青坪に師事。その後,身辺の光景や草木を描いた『朝』『落葉』『麦』などの作品で注目を集め,1960年『北の海』で日本美術院賞・大観賞を受賞,同人に推挙された。1974年から毎年ヒマラヤ,ネパールを旅し,同地での雄大で神秘的な眺望をテーマにした作品を発表。1977年『ヒマラヤ連峰』で芸術選奨文部大臣賞,1984年『ヒマラヤの花』で日本芸術院賞を受賞した。1994年に日本芸術院会員,1998年文化功労者となり,2004年に文化勲章を受章した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

福王子法林の関連キーワード大恐慌牧野省三戦間期フルハイビジョンフルHDフィッツジェラルドランランアメリカ演劇帰山教正グリフィス

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android