コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福王寺法林 ふくおうじ ほうりん

美術人名辞典の解説

福王寺法林

日本画家。大正9年(1920)山形県生。本名雄一。はじめ狩野派の画家上村広成に学び、のち田中青坪に師事。院展の中心作家として活躍、風景を得意とし、重厚な中にも素朴な趣きのある作風で知られる。近年はヒマラヤの壮大な自然に取材したヒマラヤシリーズを発表し、大きな評価を得ている。芸術選奨総理大臣賞・文部大臣賞・日本美術院賞受賞。日本芸術院会員。東京住。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福王寺法林 ふくおうじ-ほうりん

1920-2012 昭和後期-平成時代の日本画家。
大正9年11月10日生まれ。田中青坪(せいひょう)に師事。院展を中心に出品し,昭和46年内閣総理大臣賞。49年よりヒマラヤの連作を発表。52年芸術選奨,59年芸術院賞。平成6年芸術院会員。10年文化功労者。16年文化勲章。子に芸術院賞受賞者の福王寺一彦。平成24年2月21日死去。91歳。山形県出身。本名は雄一。作品に「山腹の石仏」「ヒマラヤの花」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

福王寺法林の関連キーワード大恐慌牧野省三戦間期フルハイビジョンフルHDフィッツジェラルドランランアメリカ演劇帰山教正グリフィス

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android