コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福田善之 ふくだよしゆき

百科事典マイペディアの解説

福田善之【ふくだよしゆき】

劇作家。本名鴻巣(こうのす)泰三。東京生れ。東大仏文科卒。ふじたあさやと共作した《富士山麓》(1953年)で注目される。新聞記者を経て岡倉士朗の助手となる。《長い墓標の列》《遠くまで行くんだ》などを書く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福田善之 ふくだ-よしゆき

1931- 昭和後期-平成時代の劇作家,演出家。
昭和6年10月21日生まれ。岡倉士朗にまなび,「長い墓標の列」で注目される。観世栄夫らと青年芸術劇場を結成し,「オッペケペ」「袴垂れはどこだ」などを発表。のち大衆演劇にむかい,平成6年「壁の中の妖精」で紀伊国屋演劇賞,7年「私の下町―母の写真」で読売文学賞。東京出身。東大卒。本名は鴻巣(こうのす)泰三。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

福田善之
ふくだよしゆき
(1931― )

劇作家、演出家。本名鴻巣(こうのす)泰三。東京に生まれる。東京大学仏文科卒業。岡倉士朗に師事し、長編戯曲『長い墓標の列』(1957)で認められた。以後『真田(さなだ)風雲録』(1962)、『オッペケペ』『袴垂(はかまだ)れはどこだ』(1964)など、パロディの手法を交えたアクチュアルな戯曲を次々と発表、若い世代の共感をよんだ。『魔女伝説』『しんげき忠臣蔵(ちゅうしんぐら)』(1969)以後は新しい大衆劇の創造に向かい、『春のめざめ』『ピーター・パン』の演出を含め幅広く活躍している。ほかに戯曲『私の下町―母の写真』(1994)、評論『劇(ドラマ)の向こうの空』(1995)など。[大島 勉]
『『真田風雲録―福田善之第一作品集』(1963・三一書房) ▽『袴垂れはどこだ・オッペケペ―福田善之第二作品集』(1967・三一書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

福田善之の関連キーワードふじた あさや風と雲と虹と異聞猿飛佐助真田風雲録モノドラマ日本の悪霊学生演劇猿飛佐助長山藍子竹内敏晴一人芝居沢竜二結城座