袴垂(読み)はかまだれ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「袴垂」の解説

袴垂 はかまだれ

伝説上の盗賊
今昔(こんじゃく)物語集」「宇治拾遺物語」によれば,大赦で出獄し,逢坂山で死人のふりをして衣服,武器をうばい盗賊の長となる。京都の夜道をあるく藤原保昌をおそったが失敗,逆に綿衣をあたえられたという。保昌の弟の藤原保輔とする説もあるが,別人

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「袴垂」の解説

はかまだれ【袴垂】

平安時代の伝説上の盗賊。今昔物語集宇治拾遺物語にみえ、和泉式部の夫藤原保昌の弟保輔やすすけともいわれるが未詳

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典「袴垂」の解説

袴垂
(通称)
はかまだれ

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
笛澄月白浪
初演
明治8.11(東京・新富座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

世界大百科事典内の袴垂の言及

【藤原保昌】より

…藤原道長・頼通の有力家司(けいし)の一人で,武勇にすぐれ〈勇士武略の長〉と評される。夜の都大路で大盗袴垂(はかまだれ)を威圧恐怖させた,《今昔物語集》の説話は有名。酒呑童子説話では源頼光とともに鬼退治にあたっている。…

※「袴垂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android