コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袴垂 ハカマダレ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

袴垂 はかまだれ

伝説上の盗賊。
「今昔(こんじゃく)物語集」「宇治拾遺物語」によれば,大赦で出獄し,逢坂山で死人のふりをして衣服,武器をうばい盗賊の長となる。京都の夜道をあるく藤原保昌をおそったが失敗,逆に綿衣をあたえられたという。保昌の弟の藤原保輔とする説もあるが,別人。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はかまだれ【袴垂】

平安中期の伝説中の盗賊。藤原保昌やすまさの兄(一説に弟)保輔やすすけのこととも伝えられるが、未詳。「今昔物語」「宇治拾遺物語」にみえる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の袴垂の言及

【藤原保昌】より

…藤原道長・頼通の有力家司(けいし)の一人で,武勇にすぐれ〈勇士武略の長〉と評される。夜の都大路で大盗袴垂(はかまだれ)を威圧恐怖させた,《今昔物語集》の説話は有名。酒呑童子説話では源頼光とともに鬼退治にあたっている。…

※「袴垂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

袴垂の関連キーワードしみのすみか物語牧野省三平安時代今昔物語福田善之袴垂保輔市原野

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android