コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡倉士朗 おかくらしろう

3件 の用語解説(岡倉士朗の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

岡倉士朗【おかくらしろう】

演出家。英語学者岡倉由三郎〔1868-1936〕の三男として東京に生まれる。立教大学英文科卒業後,新築地劇団に入り,1937年《土》,翌年《綴方教室》などを演出。
→関連項目福田善之

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡倉士朗 おかくら-しろう

1909-1959 昭和時代の演出家。
明治42年9月24日生まれ。岡倉由三郎の3男。昭和4年新築地(しんつきじ)劇団に参加,「土」「綴方教室」を演出。15年治安維持法違反で検挙される。戦後,山本安英(やすえ)らとぶどうの会を結成,民衆芸術劇場(のち劇団民芸)の創設にも参加。木下順二作「夕鶴」などを演出した。昭和34年2月22日死去。49歳。東京出身。立大卒。著作に「演出者の仕事」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岡倉士朗
おかくらしろう
(1909―1959)

演出家。東京生まれ。英語学者岡倉由三郎(よしさぶろう)の三男。1931年(昭和6)立教大学英文科卒業。在学中から新築地(つきじ)劇団に参加、『土』『綴方(つづりかた)教室』の演出で評価された。40年退団したが、新築地劇団員とともに治安維持法違反で検挙。43年東宝入社。47年(昭和22)、ぶどうの会と民衆芸術劇場(のち劇団民芸)の創設に参画、両劇団の中心的演出家として活躍、スタニスラフスキー・システムの定着に努力し、歌舞伎(かぶき)、新派、オペラなどの演出も手がけた。木下(きのした)順二作『夕鶴(ゆうづる)』の演出で49年度毎日演劇賞受賞。没後、論文集『演出者の仕事』(1965)が刊行された。[祖父江昭二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の岡倉士朗の言及

【民芸】より

…正式名称は〈劇団民芸〉。1950年,〈民衆芸術劇場〉(1947創立)を解消・発展するかたちで,宇野重吉(1914‐88),滝沢修(1906‐ ),森雅之(1911‐73),岡倉士朗(1907‐59),北林谷栄(1911‐ )らによって創立された。久保栄,三好十郎,木下順二らの創作劇や,A.ミラー《セールスマンの死》,《アンネの日記》,イプセン《民衆の敵》,A.N.アルブーゾフ《イルクーツク物語》などの翻訳劇で地歩を固め,昭和20年代,30年代を通じ,新劇界の中枢的劇団として多くの人々に親しまれた。…

※「岡倉士朗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

岡倉士朗の関連キーワード小沢栄太郎内海重典佐々木隆佐々木孝丸菅原卓高木史朗中村俊一中村哮夫八田元夫鈴木裕美

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone