コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡倉士朗 おかくらしろう

3件 の用語解説(岡倉士朗の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

岡倉士朗【おかくらしろう】

演出家。英語学者岡倉由三郎〔1868-1936〕の三男として東京に生まれる。立教大学英文科卒業後,新築地劇団に入り,1937年《土》,翌年《綴方教室》などを演出。
→関連項目福田善之

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡倉士朗 おかくら-しろう

1909-1959 昭和時代の演出家。
明治42年9月24日生まれ。岡倉由三郎の3男。昭和4年新築地(しんつきじ)劇団に参加,「土」「綴方教室」を演出。15年治安維持法違反で検挙される。戦後,山本安英(やすえ)らとぶどうの会を結成,民衆芸術劇場(のち劇団民芸)の創設にも参加。木下順二作「夕鶴」などを演出した。昭和34年2月22日死去。49歳。東京出身。立大卒。著作に「演出者の仕事」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岡倉士朗
おかくらしろう
(1909―1959)

演出家。東京生まれ。英語学者岡倉由三郎(よしさぶろう)の三男。1931年(昭和6)立教大学英文科卒業。在学中から新築地(つきじ)劇団に参加、『土』『綴方(つづりかた)教室』の演出で評価された。40年退団したが、新築地劇団員とともに治安維持法違反で検挙。43年東宝入社。47年(昭和22)、ぶどうの会と民衆芸術劇場(のち劇団民芸)の創設に参画、両劇団の中心的演出家として活躍、スタニスラフスキー・システムの定着に努力し、歌舞伎(かぶき)、新派、オペラなどの演出も手がけた。木下(きのした)順二作『夕鶴(ゆうづる)』の演出で49年度毎日演劇賞受賞。没後、論文集『演出者の仕事』(1965)が刊行された。[祖父江昭二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の岡倉士朗の言及

【民芸】より

…正式名称は〈劇団民芸〉。1950年,〈民衆芸術劇場〉(1947創立)を解消・発展するかたちで,宇野重吉(1914‐88),滝沢修(1906‐ ),森雅之(1911‐73),岡倉士朗(1907‐59),北林谷栄(1911‐ )らによって創立された。久保栄,三好十郎,木下順二らの創作劇や,A.ミラー《セールスマンの死》,《アンネの日記》,イプセン《民衆の敵》,A.N.アルブーゾフ《イルクーツク物語》などの翻訳劇で地歩を固め,昭和20年代,30年代を通じ,新劇界の中枢的劇団として多くの人々に親しまれた。…

※「岡倉士朗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

岡倉士朗の関連キーワード戊辰戦争早竹虎吉(初代)明治東京(都)天野八郎鮎沢伊太夫井上石見ウィリス上杉斉憲沖田総司

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone