コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福田定良 ふくだ さだよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福田定良 ふくだ-さだよし

1917-2002 昭和後期-平成時代の哲学者。
大正6年4月6日生まれ。昭和21年法大教授。徴用労働者として南方戦線に投入された体験記「めもらびりあ―戦争と哲学と私」を23年に発表。45年の学園闘争で大学をやめる。だれもができる哲学を主張,生活者の感覚に根ざした哲学を追求した。平成14年12月11日死去。85歳。東京出身。法大卒。本名は瀬川行有。著作に「民衆と演芸」「仕事の哲学」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

福田定良の関連キーワード哲学者

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

福田定良の関連情報