コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秀抜 シュウバツ

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐ばつ〔シウ‐〕【秀抜】

[名・形動]他よりぬきんでてすぐれていること。また、そのさま。「秀抜な作品」
[派生]しゅうばつさ[名]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうばつ【秀抜】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
他のものよりも一段とぬきんでてすぐれている・こと(さま)。 「 -な作品」
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

秀抜の関連キーワード臭・修・収・周・囚・執・宗・就・州・愁・拾・收・洲・皺・祝・秀・秋・終・繍・繡・羞・習・聚・臭・舟・蒐・衆・袖・褶・襲・讐・蹴・輯・週・酬・醜・集・驟伐・抜・拔・末・罰・跋・閥或る夜の出来事弘仁貞観文化クレール堅山南風栗本瑞見文学論争平野謙雪山派生唐寅

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秀抜の関連情報