コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

私の男 わたしのおとこ

4件 の用語解説(私の男の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

私の男

桜庭一樹による小説。「別冊文藝春秋」に2006年9月号から07年7月号まで連載された。07年10月に単行本化、10年4月に文庫化され、計50万部を超えるベストセラーとなっている。第138回(07年下半期)直木賞受賞。
小説では、北海道・奥尻島を襲った大地震による津波で家族を失った10歳の少女・竹中花が、遠縁の腐野淳悟に引き取られ、成長し、社会人となり尾崎美郎と結婚。その間に起こったことが、時系列をさかのぼりながら明らかにされていく構成となっている。花と淳悟は養女と義父という関係だが、実際には血のつながった親子だった。殺人事件や2人を取り巻く人間模様、北海道の風景描写を交えながら、親子の関係を超えたタブーの愛を描き、話題を呼んだ。
14年には同小説を原作に、監督・熊切和嘉、主演・浅野忠信二階堂ふみで映画化された。北海道紋別市などでロケが行われ、美しい流氷のシーンは斜里町のウトロで撮影された。映画では、時系列に沿ってストーリーが進み、原作とは結末も異なる。
同年のモスクワ国際映画祭に出品され、グランプリ(最優秀作品賞)を受賞。日本作品のグランプリ受賞は、1999年の「生きたい」(新藤兼人監督)以来。また、主演の浅野忠信が最優秀男優賞を受賞した。これは、83年の「ふるさと」で加藤嘉が受賞して以来である。

(松岡理絵  フリーランスライター / 2014年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

わたしのおとこ〔わたしのをとこ〕【私の男】

桜庭一樹長編小説。父と娘の過去を、時代を遡りながら描く。平成19年(2007)刊行。同年、第138回直木賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

私の男

2013年公開の日本映画。監督:熊切和嘉、出演:浅野忠信、二階堂ふみ、高良健吾ほか。桜庭一樹の直木賞受賞作を原作にした、少女と養父の禁断の関係を描いた恋愛ドラマ。第69回毎日映画コンクール日本映画大賞受賞。二階堂は第38回日本アカデミー賞で優秀主演女優賞を受賞。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

私の男

2014年6月に公開された熊切和嘉監督の映画。原作は第138回直木賞を受賞した桜庭一樹のベストセラー小説で、災害で家族を失った少女・花と、彼女を引き取った遠縁の親戚・淳悟が禁断の愛を育んでいく物語。14年6月28日、第36回モスクワ国際映画祭コンペティション部門で最優秀作品賞と最優秀男優賞(浅野忠信)のダブル受賞を達成した。日本映画が同映画祭で最優秀作品賞に輝くのは、1999年の新藤兼人監督作『生きたい』以来15年ぶり。日本人俳優が最優秀男優賞を受け取るのは、加藤嘉が83年に『ふるさと』で受賞して以来31年ぶり。主要国際映画祭での日本人の主演男優賞受賞は、『誰も知らない』で2004年のカンヌ映画祭男優賞を受賞した柳楽優弥以来10年ぶり。

(2014-7-2)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

私の男の関連キーワード文藝春秋あぽやんロスジェネの逆襲三匹のおっさん文芸春秋・文藝春秋桜庭一樹いわゆるひとつのチョーさん主義文藝春秋SPECIAL別册文藝春秋ゆるゆるオヤジ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

私の男の関連情報