コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜庭一樹 サクラバカズキ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜庭一樹 さくらば-かずき

1971- 平成時代の小説家。
昭和46年7月26日生まれ。米子東高を卒業し,大学進学で東京にでる。平成5年DENiMライター新人賞を受賞。11年「夜空に,満天の星(のち「AD2015隔離都市 ロンリネス・ガーディアン」と改題)」でファミ通エンタテインメント大賞小説部門佳作。19年「赤朽葉家の伝説」で日本推理作家協会賞。20年「私の男」で直木賞。ライトノベル,ジュブナイル,一般文芸などジャンルをこえて活躍する。女性だがペンネーム先入観なしに読んでほしいため男名にした。筆名は別に山田桜丸。極真空手初段。鳥取県出身。著作はほかに「少女には向かない職業」「青年のための読書クラブ」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桜庭一樹の関連キーワードマズロー阿賀野川水銀中毒事件周恩来シーゲル立木義浩寺村輝夫東松照明ビーティーファスビンダー宇宙開発史(年表)

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

桜庭一樹の関連情報