コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜庭一樹 サクラバカズキ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜庭一樹 さくらば-かずき

1971- 平成時代の小説家。
昭和46年7月26日生まれ。米子東高を卒業し,大学進学で東京にでる。平成5年DENiMライター新人賞を受賞。11年「夜空に,満天の星(のち「AD2015隔離都市 ロンリネス・ガーディアン」と改題)」でファミ通エンタテインメント大賞小説部門佳作。19年「赤朽葉家の伝説」で日本推理作家協会賞。20年「私の男」で直木賞。ライトノベル,ジュブナイル,一般文芸などジャンルをこえて活躍する。女性だがペンネーム先入観なしに読んでほしいため男名にした。筆名は別に山田桜丸。極真空手初段。鳥取県出身。著作はほかに「少女には向かない職業」「青年のための読書クラブ」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

桜庭一樹の関連キーワード伏 鉄砲娘の捕物帳山田望叶熊切和嘉浅野忠信

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

桜庭一樹の関連情報