コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋保大滝 あきうおおたき

5件 の用語解説(秋保大滝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秋保大滝
あきうおおたき

宮城県中部,仙台市西部,名取川上流の二口峡谷入口付近にある滝。 1942年名勝に指定。高さ 55m,幅約 6mの滝。西に接する山形市山寺地区にある立石寺 (りっしゃくじ) の奥の院の大滝不動堂の境内にあり,不動の滝とも呼ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あきう‐おおたき〔‐おほたき〕【秋保大滝】

宮城県中央部、仙台市の西部にある滝。名取川上流にあり、高さ55メートル、幅6メートルの景観を誇る。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あきうおおたき【秋保大滝】

宮城県仙台市秋保にある滝。第三紀中新世の石英安山岩質凝灰岩に泥岩が挟在するために生じたもので,西の大東岳(1366m)より発する名取川上流にかかる。高さ55m,幅6mの名瀑で,1942年名勝に指定された。付近南岸に大滝不動堂(立石寺の奥の院)があり不動の滝とも呼ばれる。貞観年間(859‐877)に円仁が大滝で100日間の荒修行の後,立石寺を開基したと伝えられる。【長谷川 典夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮城県〕秋保大滝(あきうおおたき)


仙台市太白(たいはく)区の西部、名取(なとり)川の上流部にある滝。水量が多く、規模雄大に流れ落ちる。落差約55m。華厳(けごんの)滝(栃木県)・那智(なちの)滝(和歌山県)とともに日本三名瀑(めいばく)の一つに数えられることもある。国の名勝。「日本の滝百選」に選定。西方約8km上流の二口(ふたくち)峡谷・磐司(ばんじ)岩は蔵王(ざおう)国定公園に属する景勝地で、紅葉の名所。北約6kmに作並(さくなみ)温泉がある。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秋保大滝
あきうおおたき

宮城県、仙台市太白区秋保町にある滝。名取川の上流にあり、高さ約55メートル、幅約6メートル。四季を通じて水量が多く、名取川の全流が大瀑布(ばくふ)となって落下する。東北一の名瀑として国の名勝に指定。[青柳光太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

秋保大滝の関連情報