コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋元氏 あきもとうじ

2件 の用語解説(秋元氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あきもとうじ【秋元氏】

上野館林藩主。13世紀宇都宮頼綱の子泰業が上総国秋元庄を領し,師朝のとき秋元氏を称したと伝える。その後長朝は徳川家康に仕え,1601年(慶長6)上野国総社1万石の城主,その子泰朝は甲斐谷村(やむら)1万8000石の城主となった。喬知は老中となり,武蔵川越5万石を領し,涼朝も老中となり,出羽山形6万石に転封。1845年(弘化2)志朝のとき上野館林6万3000石に転じ廃藩を迎えた。維新後子爵。【藤井 譲治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秋元氏
あきもとうじ

江戸時代の譜代大名(ふだいだいみょう)家。関東の名族宇都宮(うつのみや)氏を祖とし、上総国(かずさのくに)周准(すす)郡秋元庄(しょう)(千葉県君津市)を領したので秋元を名字としたという。秋元氏16世と称する長朝(ながとも)は1592年(文禄1)初めて徳川家康に仕え、しだいに累進して上野国(こうずけのくに)群馬郡惣社(そうじゃ)に居し、1万石を領するに至った。その子泰朝(やすとも)は家康に近侍し、「近習出頭人」の一人と称され、甲斐国(かいのくに)都留(つる)郡で1万8000石を与えられ谷村(やむら)城に住した。5代将軍徳川綱吉(つなよし)に仕えた喬知(たかとも)は老中に登用され、武蔵国(むさしのくに)川越城に移され、6万石を領するに至った。その後封地は出羽(でわ)山形、上野館林(たてばやし)と移り廃藩に至った。ほかに陸奥国(むつのくに)鹿角(かづの)にも一族が分布している。[林 亮勝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の秋元氏の言及

【川越藩】より

…1704年(宝永1)甲斐国甲府に移ると,老中秋元喬知が甲斐国谷村(やむら)より5万石で入封,ついで6万石となった。秋元氏は甲州から職人を招き,養蚕や絹織物・川越斜子(ななこ)・川越平の生産,養魚,柿・川越いもの栽培,高麗台地開発を進めた。42年(寛保2)関東大洪水の被害,64年(明和1)の伝馬騒動のうちに67年出羽国山形に転封され,同年松平朝矩が上野国前橋城の利根川水難のため15万石で入封した。…

【館林藩】より

…しかしこれも45年(弘化2)浜松に転じ,出羽山形から秋元志朝(ゆきとも)が6万石で入封した。秋元氏は上野総社城主長朝の後裔で,志朝は長州藩の縁戚である。藩校求道館(造士書院)を開き,桑,茶など殖産を勧め,分領にある雄略天皇陵の修理など,その治績は著しかったが,長州征伐をめぐる公武の調停に失敗して致仕。…

※「秋元氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

秋元氏の関連キーワード松平斉良宇都宮頼綱蓮生宇都宮貞綱宇都宮隆房宇都宮尚綱宇都宮泰綱宇都宮義綱塩谷朝業徳川徳松

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

秋元氏の関連情報