秋田蕗(読み)あきたぶき

精選版 日本国語大辞典「秋田蕗」の解説

あきた‐ぶき【秋田蕗】

〘名〙 フキ変種。関東北部以北に生え、葉柄を食用とするため栽培もされる。大形で、葉は直径一・五メートル、葉柄の長さは二メートルほど。砂糖漬けなどにする。《季・夏》

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「秋田蕗」の解説

あきた‐ぶき【秋田×蕗】

フキの変種。葉柄が1メートル以上にもなる。本州北部から北海道に自生。秋田県を中心に栽培され、葉柄を砂糖漬けにする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「秋田蕗」の解説

秋田蕗 (アキタブキ)

学名Petasites japonicus subsp.giganteus
植物。キク科の園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典「秋田蕗」の解説

秋田蕗
あきたのふき

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
明治34.3(京都・南座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android