コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋篠安人 あきしのの やすひと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋篠安人 あきしのの-やすひと

752-821 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
天平勝宝(てんぴょうしょうほう)4年生まれ。少納言,勘解由(かげゆ)長官などをへて,延暦(えんりゃく)24年参議となる。大同(だいどう)2年伊予親王の謀反に連座し左遷されたらしいが,弘仁(こうにん)6年従三位となる。「続日本紀(しょくにほんぎ)」「弘仁格式(きゃくしき)」の編修にあたった。弘仁12年1月10日死去。70歳。本姓は土師(はじ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

秋篠安人

没年:弘仁12.1.10(821.2.15)
生年:天平勝宝4(752)
平安初期の公卿。従四位下土師宇庭(宇遅)の子。桓武天皇が土師氏一族の女性(高野新笠)を母とする縁にあやかり,その即位を機に改姓を申請し,延暦1(782)年5月,居所である大和国添下郡秋篠里(奈良市秋篠町)にちなみ秋篠と称した。朝廷の葬送儀礼に従事してきた祖業からの脱皮を図ろうとしたものである。近衛少将など多くの官職を歴任,延暦24年参議となる。その間に『続日本紀』『弘仁格式』の編纂に携わるなど,当代きっての有職者として多忙をきわめた。没する前年,激務を理由に辞職を願い出ている。『公卿補任』には大同2(807)年,伊予親王事件に連座し造西寺長官に左遷されたと記す。

(瀧浪貞子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あきしののやすひと【秋篠安人】

752‐821(天平勝宝4‐弘仁12)
平安初期の貴族。一説に従四位下阿波守・勘解由(かげゆ)長官土師宇庭(遅)の子という。はじめ土師宿禰であったが,782年(延暦1)秋篠宿禰を賜り,790年朝臣姓となる。少内記,大外記,右兵衛佐をへて,791年従五位下。ついで,少納言,左少弁,左中弁,中衛少将ののち,800年従四位下,勘解由長官,近衛少将をへて,805年桓武天皇病のおり菅野真道とともに参議に任じられ,ついで右大弁。806年(大同1)神野親王(のちの嵯峨天皇)の春宮大夫,また北陸道観察使,左大弁となり,桓武天皇の周忌御斎会司もつとめた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

秋篠安人の関連キーワードターヒル朝ステファヌス2世ターヒル朝保義可汗ターヒル朝秋篠安人秋篠安人王燾カロリング朝ピピン[3世]

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android