コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋良貞臣 あきら さだおみ

2件 の用語解説(秋良貞臣の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋良貞臣 あきら-さだおみ

1841-1905 幕末-明治時代の武士,塩業家。
天保(てんぽう)12年4月1日生まれ。秋良貞温(さだあつ)の長男。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。幕末には倒幕運動に参加。維新後は製塩をはじめ,明治12年防長塩田社長。大日本塩業同盟会委員長などをつとめた。明治38年4月20日死去。65歳。通称は雄太郎。著作に「煮海私記」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

秋良貞臣

没年:明治38.4.20(1905)
生年:天保12.4.1(1841.5.21)
明治期の塩業家。周防国(山口県)阿月に生まれる。長州藩士として倒幕に,山口県官として萩の乱鎮圧にも活躍したが,平時は藩の殖産興業に携わった。防長塩田会の結成に努め,明治12(1879)年防長塩田会社社長。また十州塩業界の糾合に奔走し,十州塩田惣代人,組合本部長,大日本塩業同盟会委員長などを歴任し,全国塩業界で指導的役割を果たした。国の塩業諮問会,水産諮問会には山口県代表として出席,31年塩業調査会設立時には委員に任命され,日本塩業の発展に尽力した。38年塩専売法施行の直前に病没。著述に『煮海私記』14巻がある。<参考文献>臼杵華臣「秋良貞臣小伝」(三浦源蔵『塩製秘録』復刻,1960)

(村上正祥)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秋良貞臣の関連キーワード下松周防防府周防大島周防山地周防鋳銭司井上甚太郎岩田みつ林勇蔵藤田達芳

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone