コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋野孝道 あきの こうどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋野孝道 あきの-こうどう

1858-1934 明治-昭和時代前期の僧。
安政5年4月18日生まれ。明治5年得度,西有穆山(にしあり-ぼくざん)に師事。42年母校曹洞宗(そうとうしゅう)大(現駒沢大)学長。のち静岡県の可睡斎などの住持をへて,昭和4年総持寺貫主,翌年曹洞宗管長となる。昭和9年2月20日死去。77歳。遠江(とおとうみ)(静岡県)出身。号は大忍。著作に「正法眼蔵講話」「禅宗綱要」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

秋野孝道の関連キーワード原田 祖岳従容録

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android