コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋野庸彦(読み)あきの つねひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋野庸彦 あきの-つねひこ

1841-1920 幕末-明治時代の国学者。
天保(てんぽう)12年9月生まれ。鈴木重胤(しげたね)に師事し,のち江戸にでて儒学を芳野金陵らに,医術を林洞海にまなぶ。重胤の著作「日本書紀伝」を校訂。維新後は山形県会議員となり,加茂坂トンネルの開削などにつくした。大正9年3月死去。80歳。出羽(でわ)田川郡(山形県)出身。通称は仲衛,美彦。号は松屋。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる