秋錦(読み)シュウキン

デジタル大辞泉プラスの解説

秋錦(しゅうきん)

金魚の一種。明治時代に、和蘭獅子頭(オランダししがしら)とらんちゅうの交配により作出された品種。背びれがなく、尾が長い。名称の「秋」は作出者の金魚養殖家、秋山吉五郎(1868~1929)の名から。太平洋戦争中に絶滅。戦後、同じ交配形式で復元されたが、絶滅したオリジナルとは若干体形が異なるとされる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

しゅうきん【秋錦】

金魚の一品種。ランチュウとオランダシシガシラとの雑種。背びれがない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秋錦の関連情報