秋錦(読み)シュウキン

デジタル大辞泉プラスの解説

秋錦(しゅうきん)

金魚の一種。明治時代に、和蘭獅子頭(オランダししがしら)とらんちゅうの交配により作出された品種。背びれがなく、尾が長い。名称の「秋」は作出者の金魚養殖家、秋山吉五郎(1868~1929)の名から。太平洋戦争中に絶滅。戦後、同じ交配形式で復元されたが、絶滅したオリジナルとは若干体形が異なるとされる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

しゅうきん【秋錦】

金魚の一品種。ランチュウとオランダシシガシラとの雑種。背びれがない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秋錦の関連情報