コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

科学としての政治学 かがくとしてのせいじがく

1件 の用語解説(科学としての政治学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

科学としての政治学
かがくとしてのせいじがく

1920年代から 60年代初期にかけて自己の価値志向や政策志向を排除し,政治学の「科学化」を強く主張するにいたった傾向。 K.マンハイムは「流動し生成しつつあるものについての知識,創造的な行為についての知識」を科学としての政治学成立の契機と考えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

科学としての政治学の関連キーワードフルハイビジョンフルHDアメリカ演劇現代音楽変成相映画理論小作争議小協商地主制推理小説

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone