コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

租税交換説 そぜいこうかんせつ

百科事典マイペディアの解説

租税交換説【そぜいこうかんせつ】

国家の課税権の根拠に関する学説の一つ。国家の行動は国民に利益をもたらし,国民はその代償を租税の形で国家に納めなければならず,その利益と租税は交換関係にあると説く。
→関連項目租税保険説

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android