コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秦嶋麻呂 はたの しままろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秦嶋麻呂 はたの-しままろ

?-747 奈良時代の官吏。
天平(てんぴょう)14年(742)造宮録(さかん)として恭仁宮(くにのみや)の造営にたずさわり,正八位下から従四位下にのぼり,太秦公(うずまさのきみ)の姓をあたえられる。のち造宮輔(すけ)。天平19年長門守(ながとのかみ)となるが,同年6月4日死去。「尊卑分脈」「公卿補任(くぎょうぶにん)」に,娘は藤原葛野麻呂(かどのまろ)の母とある。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

秦嶋麻呂の関連キーワードボーイング747クラシックジャンボジャンボ紀年法第17代韓国大統領選挙成田空港拡張エアバスA380超大型ジェット旅客機李明博ボーイング747型機日航123便墜落事故

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone