コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秦武元 はたの たけもと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秦武元 はたの-たけもと

?-1098 平安時代中期-後期の武人。
仏教説話「三外(さんげ)往生記」にみえる人物。仁和(にんな)寺の法親王稚児となり,親王の高野山百日護摩修行で,閼伽(あか)水を1日もかかさずそなえた。成人して左近衛将曹となる。高野山に堂をたて丈六の阿弥陀像を建立。承徳(じょうとく)2年8月念仏をとなえつつ往生した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

秦武元の関連キーワード仏教説話武人

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android