秩父宮ラグビー場(読み)ちちぶのみやラグビーじょう

  • ちちぶのみやラグビーじょう〔ヂヤウ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国立競技場の競技施設の一つ。 1947年東京ラグビー場として東京・青山明治神宮外苑に建設され,日本ラグビーフットボール協会が自主運営にあたる。 1953年協会の総裁を務めていた秩父宮雍仁親王逝去後,その功績を記念し秩父宮ラグビー場と改称。 1962年国有地の借地料の延滞問題から,国立競技場に移管された。ラグビー専用のスタジアムとして国内のトップゲーム,数々の国際試合舞台となっている。 1976年,1987年に大改修工事が行なわれた。敷地面積約3万 5000m2,収容人員約2万 5000人。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

東京都港区にあるスポーツ施設。1948年開設。座席数は約2万5200席。国立霞ヶ丘競技場内にある。国内の主要なラグビーの試合が開催される。1964年の第18回オリンピック夏季大会ではサッカー競技が行われた。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秩父宮ラグビー場の関連情報