コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

称念 ショウネン

4件 の用語解説(称念の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょう‐ねん【称念】

仏語。
称名と念仏。口に仏の名を唱え、心に仏を念ずること。
南無阿弥陀仏と唱えること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

称念 しょうねん

1513-1554 戦国時代の僧。
永正(えいしょう)10年3月生まれ。浄土宗。江戸増上寺の周仰,下総(しもうさ)飯沼弘経寺(茨城県)の祖洞に師事し,江戸に天智庵をひらく。のち京都の一心院で専修念仏につとめ,捨世派の祖となった。天文(てんぶん)23年7月19日死去。42歳。江戸出身。俗姓は藤田。字(あざな)は吟応(翁)。号は三蓮社縁誉。著作に「安心鈔」「要義鈔」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

称念

没年:天文23.7.19(1554.8.17)
生年:永正10(1513)
室町後期の浄土宗の僧。捨世派の祖とされる。8歳のときに増上寺で親誉について宗戒両脈を受け,関東の寺院をめぐり研鑽する。江戸に天智庵を創建し,持戒堅固で念仏行に励んだ。天文17(1548)年に知恩院祖廟の南隣に草庵を結び六時念仏を行ううちに,信徒が堂舎を建立する。これが念仏三昧の道場,一心院で捨世派の本寺となる。「念仏道場七箇条」「別時念仏十一箇条」などの掟を定めた。47ほどの寺院を創立。のちに江戸時代中後期には捨世派から庶民教化に努めた僧侶が多く輩出した。<著作>『安心鈔』『要義鈔』<参考文献>『称念上人行状記』

(林淳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しょうねん【称念】

〘仏〙
称名と念仏。口に仏の名を称え、心に仏の姿を思い浮かべること。
南無阿弥陀仏と称えること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

称念の関連キーワード真慧上人聖光上人道残源立西山鑑智国師法界庵夢遊万霊光誉良忠向阿澄円良空

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

称念の関連情報