称念(読み)ショウネン

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

称念 しょうねん

1513-1554 戦国時代の僧。
永正(えいしょう)10年3月生まれ。浄土宗。江戸増上寺の周仰,下総(しもうさ)飯沼弘経寺(茨城県)の祖洞に師事し,江戸に天智庵をひらく。のち京都の一心院で専修念仏につとめ,捨世派の祖となった。天文(てんぶん)23年7月19日死去。42歳。江戸出身。俗姓は藤田。字(あざな)は吟応(翁)。号は三蓮社縁誉。著作に「安心鈔」「要義鈔」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

称念

没年:天文23.7.19(1554.8.17)
生年:永正10(1513)
室町後期の浄土宗の僧。捨世派の祖とされる。8歳のときに増上寺で親誉について宗戒両脈を受け,関東の寺院をめぐり研鑽する。江戸に天智庵を創建し,持戒堅固で念仏行に励んだ。天文17(1548)年に知恩院祖廟の南隣に草庵を結び六時念仏を行ううちに,信徒が堂舎を建立する。これが念仏三昧の道場,一心院で捨世派の本寺となる。「念仏道場七箇条」「別時念仏十一箇条」などの掟を定めた。47ほどの寺院を創立。のちに江戸時代中後期には捨世派から庶民教化に努めた僧侶が多く輩出した。<著作>『安心鈔』『要義鈔』<参考文献>『称念上人行状記』

(林淳)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうねん【称念】

〘仏〙
称名と念仏。口に仏の名を称え、心に仏の姿を思い浮かべること。
南無阿弥陀仏と称えること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android