移植免疫(読み)いしょくめんえき(英語表記)transplantation immunity

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

移植免疫
いしょくめんえき
transplantation immunity

個体間で組織臓器移植したときに起る免疫反応。生体がもっている,自分自身とそれ以外のもの (非自己) を識別する能力によって起き,さまざまな拒否反応のあとに,移植された組織は脱落してしまう。この反応に最も深く関係しているのは主要組織適合性複合体 major histocompatibility complexと呼ばれている蛋白質で,ヒトの場合には HLA (ヒト白血球抗原またはヒト主要組織適合性抗原) がそれにあたる。非自己の組織や臓器を移植して生着させるには,免疫反応を抑制しなければならない。 1978年にサイクロスポリンAという免疫抑制剤が使われだしてからは,組織適合性の一致しない臓器の移植成績が向上した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いしょく‐めんえき【移植免疫】

他個体からの臓器や組織を移植された生体が、移植片に対して起こす免疫反応。→拒絶反応

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いしょく‐めんえき【移植免疫】

〘名〙 他個体からの臓器や組織を移植された生体が、移植片に対して起こす免疫反応。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

移植免疫の関連情報