移植免疫(読み)いしょくめんえき(英語表記)transplantation immunity

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

個体間で組織臓器移植したときに起る免疫反応。生体がもっている,自分自身とそれ以外のもの (非自己) を識別する能力によって起き,さまざまな拒否反応のあとに,移植された組織は脱落してしまう。この反応に最も深く関係しているのは主要組織適合性複合体 major histocompatibility complexと呼ばれている蛋白質で,ヒトの場合には HLA (ヒト白血球抗原またはヒト主要組織適合性抗原) がそれにあたる。非自己の組織や臓器を移植して生着させるには,免疫反応を抑制しなければならない。 1978年にサイクロスポリンAという免疫抑制剤が使われだしてからは,組織適合性の一致しない臓器の移植成績が向上した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 他個体からの臓器や組織を移植された生体が、移植片に対して起こす免疫反応。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

移植免疫の関連情報